R2の購入動機

SUBARUR2といったら、優雅で上質な軽自動車として

2,30代の女性向けに作られています。





「走る、止まる、曲る」といった基本性能を大事にしながら

街乗りでの快適性を重視して設計されました。

ちょっとした買い物をした女性が、いちいちトランクに荷物を詰めず

助手席に荷物を置くという調査結果から、トランクが小さいのもその例です。





そんな車なのですが、なぜ、
工学部所属で機械大好き人間がR2を買ったのか?

独自の観点から紹介したいと思います。










車を買う人が、何を基準に選ぶかは、人それぞれですが

軽自動車を買う人は

室内空間の広さ

で選ぶ人が多いのではないでしょうか。

スズキのワゴンRが代表する、軽自動車のワゴン車の多さ

奇しくも、車を選び始めた頃は軽自動車の規格が更新され、ダイハツTantoが発売

軽自動車とは思えない室内空間の広さを実現していました。





そんな時

世の流れに逆らう

ようなコンパクトさをもった軽自動車が発表されました。

それがスバルのR2です。





広さを追求した結果、デザインに制限が生じていた中

全高という壁を取り払い、
自由を求めたR2





SUBARUがSUBARUである為に、売れ線を狙わず

軽自動車としての完成度を高めた車だといえます。





R2を選ぶにあたって大きかったのは上記の理由ですが

もう少し、細かい理由も紹介したいと思います。















車を選ぶにあたって、税金や燃費の理由から軽自動車にする事に決めていた。

次にメーカーはどこが良いだろうか?

バイクだったらKAWASAKIHONDAといったところだがw





車だったら、第二次世界大戦時に飛行機を製造していたメーカー

というのが面白いかもしれない

零戦のエンジンを作っていた富士重工

機体を作っていた三菱重工





特に三菱に関してはランエボが好きなこともあり、三菱にしようかと思ったのだが

当時は
ろくな軽自動車がなかった(爆

最近ではiなんていうミッドシップの面白いのが発売されたが

当時はekワゴンが発売されたばかり

しかも、ラインナップが3A/Tのみ

オートマってだけで勘弁なのに、3速って……ぉぃ みたいな

しかもエンジンがSOHCの3気筒

あー、これは駄目だなぁ〜と。

マニュアルがあれば、エンジンがなんだろうが買っていたかもしれません





スバル以外に目をつけていたのは、ホンダとダイハツ

ホンダはライフの新型が発表されていました。

フロントグリルが特徴的でありながら、軽自動車らしい軽自動車

タコメーターが
おもちゃのような

デジタルメーター、というのは気になったが

R2のNAを買うなら、ライフのターボ車が買えるという値段設定。

ライフは最後までR2との購入候補に残ってました。





ダイハツはミラなんかは全く興味ないのですが

現行軽自動車唯一のオープンカー、コペンがあったのです。

全自動で開閉したり、4気筒のターボ、LSD、2シーター

なんていう購入意欲を煽るようなw メカニズムの数々

しかも、高品質な物を生産しなくてはならないので

一定の品質を作りつづけられる機械ではなく、高品質で作れる手作業での生産

未だに欲しい車の一つw

もし、コペンを買っていたら

ホーネットは買っていなかった

かもしれません

なにせ、160万という価格がネガで買わなかったものですから

でも、
バイクには乗っていたと思いますよ

バイクに乗りたいという思いは強かったので。

あ、後から知ったのですが、任意保険の掛け金が高いらしいです。










そんなこんなで、ライフとR2に絞ったのですが

ホンダの軽自動車はよく分かりませんが、スバルの軽自動車といえば

ブーストアップで100馬力とも言われ、
軽自動車最速を誇ったヴィヴィオ。

その流れを組むプレオ

スバルが拘る基本性能を追求するための
  • 4輪ディスクブレーキ
  • 4輪独立サスペンション
  • 4気筒エンジン
それらの事を知っていたので、スバルのR2に決めました。

4輪ディスクブレーキはR2では受け継がれませんでしたが(汗





それに、R2を選ぶにあたって

タコメーターというのは大きかったです。

まともにタコメーターが付いてたのってR2だけでしたから。

バイクの教習中に、車の免許をとっていた時の教官に言われたのですが

「タコメータなんかなくても、音で分かる」

俺から言わせれば、レーサーにタコメータしかついていないように

速度計がなかろうがタコメーターだけがあれば良いんだと

コラムへ戻る