車用改良型自作ホットイナズマのレビュー


前回自作したホットイナズマ


車ではどのような効果があるのか?
バイクに続いてのR2でのホットイナズマのレビューです。











ホットイナズマを疑問視する声で一番多いのが
ECUのリセット
R2はどの位でリセットされるかは分かりませんが他の車では
数秒でリセットされる場合もあるそうです。
ECUがリセットされると特性が変わりますので、それと勘違いする方もいます。
ということなのでケーブルが外れないように気をつけて
自作のホットイナズマを取り付けました。
取り付け箇所はバッテリー脇のヒューズボックスの上に
マジックテープで取り付けようと思ったのですが
なかったのでとりあえず両面テープで











ではレビューに入ります。






エンジンが温まってくるとアクセルを踏む時に
トルクを感じるようになってきました。
元々、R2は可変バルブを採用していて、低速でも十分なトルクがあるのですが
それを上乗せしたようなトルク、これを表現するとしたら











分厚いトルクを踏み込む











ような感じを受けました。
もう一度言いますが、ECUはリセットされていません。











次に感じたのが










エンジンブレーキの効かなさ











信号などで止まる時は、大抵ブレーキングの前にギヤを落としています。
つまりエンジンブレーキを多様するような走りをしているのでなおさら感じました。
4速でならまだしも3速でもあまり効いている感じがしません。
大げさに言えばクラッチを切っているような感覚です。





エンジンブレーキが効かなくなる、というのはホットイナズマの効果としてよく聞きます。
問題はこれが利点なのか?という事です。
最近の車はエンジンブレーキ時には燃料を噴射しません
これが、エンジンブレーキが効かないというと
素人としては燃料が噴射されているからエンブレが効かないのでは?
と疑いたくなります。
自分で燃費のデータをとって確かめたいところですが
寒くなっていく季節なので正確なデータはとれそうにありません。











まとめとして
ホットイナズマを取り付けることでの効果はあるのか?
と訊かれたら










ある










と断言できます。
取り付け後の一日は慎重に取り付けたにも関わらず
「ECUがリセットされたのか?」
と疑いたくなるような効果でした。
数日たつと、トルクに関しては慣れてきたのか効果が無くなったのか
段々感じ辛くなってきましたがエンブレはあまり効かないままです。






変化を楽しみたい人は自作でのホットイナズマがお勧めですw

コラムへ戻る