バイクカバー



経年劣化とはよく言いまして、

バイク整備においては劣化していく物を交換していったりするものです。




で、今回の交換部品は――
















弛みきったゴム
















破れ出す素材、切れる糸











と言うことで、




バイクカバーです!
















防水テープとかで補修して使うという手もあったのですが、

4年目の区切りとして、新しいのを買うのも良いかと。

自転車のカバーがボロボロで、そっちに回すって話もあったし(ぉ







で、早速、バイクカバーの選定に入ったわけです。

バイク用品屋とかメーカのサイトを見てみると、相場というのが分かってきました。




安いのだと、耐火性もないような素材で出来た物で5千円程。

高いのだと、ベンチレーションや何やらの機能が付いて2万円。

参考に以下に載せておきます。








HONDA


honda
http://www.honda.co.jp/ACCESS/motorcycles/Hornet/index.html




KAWASAKI


kawasaki
http://www.kawasaki-motors.com/goods/2007pdf/07_cover_battery_chargers.pdf



SUZUKI


http://www1.suzuki.co.jp/motor/accessory/option/cover.html




YAMAHA


yamaha
http://www.ysgear.co.jp/e-shop/special/vol13/index.html








4大メーカのはこんな感じになってます。

ホンダの物を買えば間違いは無いのですが、それでは面白くない。

それにサイン入りポスタが送られてきたりしているのでw

これはヤマハを買わないと、という考えに。

縫い目からほつれていったので、

天面縫い目無し

に惹かれたというのもあります。








ここで、問題なのがサイズです。

メーカ推奨のサイズはLなのですが、

同サイズでヤマハの適合車種がSRにR1-ZにTW

ううん……? と疑問に思ったわけで。

ちなみに川崎だとバリオスが入っているので、合っているような気も。

ですが、脳裏には駐輪場でZRX400と並んだ時のことが思い出されるのです。

エンジンは当然、ZRXの方がでかいのですが、

ホーネットってアッパーデザインなので、車体はより大きいんですよね。




ここで、カバーのサイズを確認。





各サイズ表(単位/cm)
サイズ A(全 長) B(最大高) C(高さ) D(最大幅)
L 238 146 88 104
2L 257 162 106 107


と書いてあるんです。

今度は車体のサイズ比較です。

Lサイズ適合のSRと2Lサイズ適合のCB400で比較してみます。


 サイズ  全長  最大高  高さ  最大幅
 ホーネット  204  105  86  74
 SR  209  111  79 75
 CB400SF  204  107  84  73



――って、ホーネットってCB400SFと変わりないじゃん!

重量感とかは全然違うのだけれど、カバーサイズは同じで良いはず。

第一にLでは高さに2cmしか余裕が無く、それはまずい。

ギリギリを狙うか、大きめでいくか、という選択に。

結局、大は小を兼ねるって事で2Lを購入しました。








で、届いたのがこれ。







手触りが全然違う!(さすが高級カバー)

重さが全然違う!(生地が厚いのか?)

高級感が違う!(さすが高級(ry)








サイズ選択に一抹の不安を残しながらも、掛けてみることにしました。





アジャストコードを緩めて置いて、







前をすっぽりと。







後ろはこんな感じ。







で、横。




現段階だと、サイズに問題が無いように思えます。








後は手順に従って、





前の紐を締めて、







後ろの紐を締めて、







アジャスタ調整。

ちなみに緩めなので限界まで。











ロックを通せるスリットがあるので、良い感じになりました。















作業終了です!








で、疑惑のサイズ問題なのですがw

やはり、微妙にサイズがでかい(爆

前のカバーだと突っ張る所があったので、

それが無いので良いとも言えるのですが、

裾の辺りは紐を締めても緩いですね。

もっと絞れば良くなるかもしれませんが。




だからといって、問題があるかというと、そうではありません。

強い風が吹いても、素材自体が重いせいもあり、

カバーが捲り上がるなんて心配はありません。

現時点では満足しています。

将来的にシートバックをつけることも考えているので、その余裕という意味でも。




人柱にはなれたと思いますがw

もし、同じ製品を購入する人がいれば、気をつけてください。

基本的にはメーカ指定のLで大丈夫だと思います。

カスタム&整備へ戻る