TOP画像 夕暮れのホーネット250



速さとしてのホーネット
直線では250のオフ車なんかには負けません。
数mは先行されますがそれ以降は勝負になりません。
タイヤが太いとかでフリクションロスは大きそうですが
バリオスとも変わらない加速です。
逆に言えば、同じカテゴリィ(250、4st、4気筒)なら加速はあまり変わらない。

峠では小排気量というアドバンテージが大きいです。
高回転域を使い甲高い音を響かせながら
太いタイヤを履いているとは思えない軽快な倒しこみや
ネイキッドならではの深いハンドルの切れ角で
タイトコーナーになるほど強い車種と言えるでしょう。



足つき
シート高の目安
2003年にマイナーチェンジし、シート高が
745mmになりました。
そのおかげで立ちゴケしそうになっても
軽さもあり踏ん張れる位の足つきの良さです。
ただ、足つきが良すぎて男性が乗ると膝が窮屈です。
私はステップを踏ん張りやすいし
何より段差に気づかないまま足を下ろしても
コケなくて済むので利点だと思っています。




タンク
タンクグラマラスボディーw
タイヤと並ぶ大きな特徴でしょう。
タンク容量は16リットルもあり、平均燃費を23kmとすると、
ホーネットは368km走れる計算になりますが、
5,6lを残し、燃料系は空を指し示します。
よって、街乗りでは200kmを過ぎた辺りで
注意する必要があります。
とはいえ、ツーリング時には燃費が30km/lを超え、
400km以上無補給で走ったこともあります。



マフラー
アップマフラーアップサイレンサーを採用しています。
タンデムでもカバーが付いているので熱くはありません。
音は6000rpmまではカムギヤトレーンの
「キュイーン」というモーターっぽい音しか聞こえません。
それ以降は6000から8000rpm程は野太い音が響き
10000rpmでエンジン全体が共鳴し
音質的に一番凶暴な音になり
それ以上では250の4気筒独特の甲高い音がします。
SOUNDで録音したものを公開しているので
聴いてみて下さい。



エンジン
CBR直系のエンジン20000rpmまで回ったCBR250RR直系の
エンジンを採用しています。
またカム駆動にチェーンではなくギヤを使う
カムギヤトレーンを採用していて
バリオスがジェット機のような音に対し
モーターのような音がします。
CBR250RRのエンジン音と比べると
ホーネットは17500rpmまでしかまわらないので
大したこと無いなぁ〜とか(ぉ
それはさておきエンジンの特性としては
慣れてくれば2000rpmでクラッチを繋いで走れるような
低速トルクがあり、ヒュンヒュン回るエンジンでもあり
トルクの谷が感じられないほどです。
とはいえ、7〜8000rpmあたりにトルクの谷があり
中途半端に流していると加速の鈍さが感じられます。
峠で走るときには1万回転以上を維持していれば
相当速く走れるでしょう。



ブレーキ
フロントブレーキフロントブレーキはは4ポットキャリパー
リアは片押しキャリパーです。
よく、「ホーネットのブレーキは効かない」とか聞くのですが
実際はそうでもないと思います。
「ふにゃふにゃする」とかいう話は
ステンメッシュにすれば良いのですが
メンテをこまめにする事でも改善出来ます。
私もメンテをサボっていた時はブレーキが効いているのか
わからない事もあったり(ぉ
キャリパーの清掃とピストンのグリスアップをすると
カチッとした手ごたえが戻ってきます。



燃料計
メーターここで書いておかなければならないのが燃料計。
「何の説明が要るんだ?」と思われるかもしれませんが
この燃料系は100km位まで満タンを指しています。
160kmあたりで真ん中、220kmでEら辺を。
これは町乗りでの距離の話なので
ガソリンの量で説明すると
5リットルを消費するまでは針は動かず
そこから3リットルを使うと真ん中まで
更に3リットルでEの辺りに。
そこから5リットルはある計算になり
100km程は走れる計算になりますが
実際はタンクの構造から全部は使い切れないだろうし
針がEら辺を指していて精神衛生上良くないので
二百数十キロ走ったらガソリンを入れるようになります。



サスペンション
リアサスペンション
フロント
やわらかいです。
峠とか行くと不満に感じるかも。
しかし町乗りではこの柔らかさのおかげで
快適に走れます。


リア
7段階調節できますが、乗り手の体重や荷物によって
変える程度だと思った方が良いでしょう。
下手に硬くしたりするとバランスが崩れますので。
標準が2ですので、標準的な体重の人は
このままで良いと思います。



回転数と速度の換算表

どのくらい回せば、何km/hでるのか気になり、作ってみました。
最初は、単純に減速比やタイヤの大きさだけを考え、計算してみたのですが
これが、メーターで確認してみると全く合わない。
何が問題なのか考えてみたところ、誤差というものが大きい事に気づきました。
メーターなんかは、値が大きくなる程に、誤差が大きくなりますし
メーターのレッドゾーン時の値も、機械的に16000rpm/min回っているかは疑問だし。
ということで、レッドゾーンまで回した時の、メーター読みを基準に対応表を作ってみました。
間の速度は確認した訳ではないので、あしからず。



回転数 (rpm) 速度 (km/h)
1速 2速 3速 4速 5速 6速
17500 66 90 132 165 180 202
17000 64 87 128 161 175 196
16000 60 82 120 151 165 185
15000 56 77 113 148 155 173
14000 53 72 105 132 144 162
13000 49 67 98 123 134 150
12000 45 62 90 113 124 139
11000 41 56 83 104 113 127
10000 38 51 75 94 103 115
9000 34 46 68 85 93 104
8000 30 41 60 76 83 92
7000 26 36 53 66 72 81
6000 23 31 45 57 62 69
5000 18 26 38 47 52 58
4000 15 21 30 38 41 46
3000 11 15 23 28 31 35
2000 8 10 15 19 21 23
1000 4 5 8 9 10 12



ホームへ戻る