初級システムアドミニストレータ試験の合格法

国家試験に情報処理技術者向けの試験があります。
その一つに「初級システムアドミニストレータ試験」というものがあります。
分類としては情報技術を利用する側から、開発・運用する側への
橋渡し役ができる者の試験です。












この試験、普段からPCを使っているような人なら










1週間











もあれば受かると思います。
といっても一週間、一日中勉強してですよ






つまり、
そんなに難しくないということです。
PCの知識がなくても大丈夫です。あるにこした事はありませんが











では、勉強法について書いていこうと思います。
先ほどは1週間と書きましたが、実際は1月程かけ勉強した方が良いです。
初級シスアドには基本的な事が問われる午前問題
応用的な午後問題と分ける事ができます。
さて、勉強する為にはテキストが必要なわけですが
お勧めするのは










初級シスアド合格教本(平成17年度〈秋期〉)

初級シスアド合格教本(平成17年度〈秋期〉)










この技術評論社の本がお勧めです!
なぜこの本がお勧めなのかというと
PCで演習問題ができるソフトが付いているからです。
他の本は問題に関しては少し載っている程度で問題集を買わなくてはいけませんが
この本は学習も演習もこれ一冊があればできるからです。
実際、私はこれ一冊だけを買って受かりました。






注意として、
あまり古い本を買うのはやめましょう
情報技術は日進月歩で、次々に新しい技術が生まれるので
試験毎に新しい問題が追加されたりします。
体験談としては、2期前の教本を買って
午後問題に1問新傾向の問題があって焦りました
その問題は問題用紙に説明が載っていて助かりましたが^^;
ちなみに新しい教本を買った友人は知っていたようですorz











次に試験までの流れとしては
30日間で初めの15日間は教本をじっくり読みましょう

3回位読み返すのがベストです。
1回目は本文だけを流し読むような感じで
2回目は本文を理解しつつ欄外も丁寧に読むように
3回目は殆ど理解した上で確認するように



間の5日間は午後問題をじっくりやりましょう
結構難しくてわかりづらいので時間がかかりますが
基本は午前問題なのでよく読めばわかるはずです。



テスト前の10日間は付属のCDの問題をこなしつつ
午後問題の見直しをすれば合格は目前です!











世の中には初級シスアド講座、のような講師が教えてくれるものがありますが
初級シスアド程度であれば受けなくてもよいのではないでしょうか?
受けていない私と受けた友人では友人の方が点数は良かったですが











受かった者勝ちです(ぉ









受かった者に優劣などないのです!(ぇ
それはともかく、講座を受けて……










落ちた友人もいます(血涙









講座を受けるくらいなら、そのお金を合格時の自分へのご褒美としてとっておけば
勉強する気も起きるってもんですw


コラムへ戻る