プラグ交換〜選択〜

プラグ




プラグを交換する、となったら、次は選択。

基本的にプラグのメーカはDENSONGKかの2択です。








ここで、2つのメーカの製品のうち、ホーネットに付けられるプラグを調べました。

普通のニッケル合金(?)のプラグだと




NGK


NGK


00〜
CR9EH-9


96〜
CR8EH-9




DENSO


00〜
U27FER9

96〜
U24FER9




となります。









イリジウムだと




NGK


NGK


00〜
CR9EHIX-9

96〜
CR8EHIX-9




DENSO


DENSO


00〜
IUH27

96〜
IUH24




です。








消耗品を交換していって、徐々に性能を良くしていこう、と思っているので

イリジウムプラグにすることにしました。

イリジウムプラグの特性としては以下のページで

http://www.denso.co.jp/PLUG/iridiumpower/index.html

http://www.ngk-sparkplugs.jp/sparkplugs/iridium/ii_ixplug.html

あと
イリジウムプラグは長寿命

と勝手に思いこんでいたのですが

あくまでそれは一般的な性能の話のようですね。

例えばDENSOのイリジウムタフだと

一般プラグに比べ長寿命が期待できるのですが

イリジウムパワーは性能を追求したもので

一般プラグと同じ程度のようです。








次に問題になるのは

DENSOにするかNGKにするかです。

商品紹介ページを見ても、どちらが良いのかは分からないもの。

なんて言いつつ、面白いデータの比較をしたページを見つけました。

http://www.denso.co.jp/PLUG/qa/ip/q20.html

耐久性が同じなら、中心電極が細い程高性能なんですが

DENSOのイリジウムパワーが
0.4mmなのに対し

NGK のイリシリーズプラグは
0.6mmみたいです。

これは一目瞭然。DENSOの方が良い、という結論に。

まぁ、DENSOのイリジウムプラグの方が値段が高いので

そこらへんはお好みで。

とかいいつつ、DENSOを選んだ1番の理由は

ウェブサイトが見やすいから

という理由だったり( ̄∀ ̄)








余談として、プラグを選択する際の熱価についてですが

給排気を変更するようなカスタムを行った際には

プラグの
熱価を1番上げるというのが一般的です。

が、イリジウムプラグだと熱価の選択肢が無い。

96〜のモデルでは、現在のモデルよりも元々1つ低いので

熱価を上げられるわけですが、私が乗っているモデルとなると

上げられない。

ここで、Web拍手で情報を頂いたのですが

レーシングプラグであれば

ホーネットでも熱価をあげられるみたいです。

レーシングプラグを使用することで

http://www.denso.co.jp/PLUG/qa/tech/q15.html

のようなメリットもデメリットもありますが

焼けすぎ、という場合には一考してみてはどうでしょう?








〜閑話休題〜








DENSOのイリジウムプラグ、IUH27に決め、通販で注文しました。

この際も情報を頂いて、安い店を教えてもらい

当初、1本1600円程を見込んでいたのですが

全体で2000円位安く買うことができました。

多謝ですヽ(´▽`)ノ








で、以下届いたプラグの紹介。








上の画像が届いたプラグ、IUH27です。






箱の横を見てみると、サイトの方にも紹介されている

締め付けトルクや締め付け角度が書かれています。親切だ。

http://www.denso.co.jp/PLUG/basic/torque/index.html






箱を開けると、このような状態で入っています。

傷つかないように保護筒と

http://www.denso.co.jp/PLUG/qa/tech/q03.html

プラグコードに合わせて、ターミナルが付属しています。

http://www.denso.co.jp/PLUG/qa/tech/q07.html

う〜む、素晴らしい。






実際に装着する時には、ターミナルを外します。

ホーネットの場合は必要がないので。






で、この状態となります。






こう見てみると、何か神々しさを感じさせますね、イリジウムプラグは(ぇ






最後に電極の拡大写真です。後で普通のプラグの写真も載せて、比較してみよう

と思っていますが、そうでなくても細いのは分かります。

この細さが飛火に必要な電圧を下げて、確実な着火を促すわけですな。








次回は取り付けの様子について紹介する予定です。


カスタム&整備へ戻る