自作ノロジーの効果

自作ノロジーの感想について書いていきます。





まずはノロジーの効果として現れると言われているものをリストアップ
  • 低速トルクのアップ
  • レスポンスの向上
  • アイドリング安定

こんなもんでしょうか
それを頭に入れた上で走行テスト










ホーネットを車庫から出し、セルモーターを回す。
キル一回転でエンジンがかかる。
これは、ノロジーだけのおかげではなく、ノロジー、ホットイナズマ、アーシングの相互作用
前日に、エンジンかけたせいもあるけど






走り出してすぐは、エンジンが暖まってないので、違いがわからなかったけど
暖まってきて、その効果が現れてきました。










全体的にエンジンが荒々しい










ホットイナズマ、アーシングが滑らかさを増すものに対して
ノロジーはパワーアップ系のようです。





そのエンジンの荒々しさはパワーバンドに入ったときに顕著に表れます。
10000rpmを超えた時の
吹け上がり方が凄いです。
出力が増えているとか、加速が上がったとかいうのは
計測していないので分からないが、とにかく荒々しい





低回転域では、その荒々しさが
裏目に出ているような気がします。
アイドリングは変わらない、というか悪化(?)しているような気も
また3500rpm以下では、アクセルコントロールがシビアになりました。
元々、ホーネットのような高回転エンジンに低速での滑らかさを求めるのも、なんですが





中回転域、つまり常用回転域では特に変化はありません
5000〜7000rpm位で延々走ってみましたが、全く違いがわからない










まとめとしてノロジーの効果は










エンジンが荒々しくなる










に尽きると思います。
その結果、レスポンスが上がったりするように感じるわけで
アイドリングとか低速トルクに関しては微妙ですね
元々、アーシングとホットイナズマを施していたので、分かり辛いのかもしれません










体感としては



ホットイナズマ≧ノロジー>アーシング



アーシングはマイナス側の強化なのでホットイナズマのような
プラス側の強化と一緒にしないと感じ辛い為ともとれます。










アーシング、ホットイナズマ、ノロジーと電装系のカスタムは完了
電装系は自作すると金がかからなくて良いですねw


カスタム&整備へ戻る