ノロジーの原理について考察

ノロジーの原理について考察します。
と言っても自動車工学に精通しているわけでもないので
話半分くらいでw










コンデンサ効果について


「コンデンサ効果なんて本当にあるのか?」
多少はあるんじゃないでしょうか
プラグコードの心材とアルミテープなり平編線でコンデンサになってるので。
隙間が大きすぎて効果は疑問ですが。
聞いた話によると実際、プラグ出力が増大するようです。
これはコンデンサ効果により電力が大きくなった為でしょう。
問題は


必要以上


に増大することなのですが










ノイズの遮断効果


通信関係の先生が言っていたのですが
「バイクなんかが横を走るとラジオにノイズがはいったりする」
というように、プラグは高電圧を瞬間的に連続で放電するので
ノイズが相当でるらしい。
プラグコードに金属を巻きつけるノロジー化によってノイズは遮断される。
そうすると電気機器に誤作動は起きなくなるし
プラグにレジスターを入れる必要が無くなったり。
その事で高効率のハイテンションコードを使い、ばんばん電気を流しても
ノイズを気にする必要がないってことです。
今回の自作ではノーマルのハイテンションコードを使ったのであんま関係ないけど










ノロジーの最大の利点は


ノイズを出さない


という点にあり、高効率のプラグコードと抵抗抜きのプラグを使えるということ。
自作する際には高効率のプラグコードを使ってノロジー化する事をお勧めします。







という事で










プラグの点火を強くする効果はある









という結論になります。
しかし、インジェクション車ではその効果を必要としていないので


効果は無い


といっても良いかもしれません。
むしろ、プラグに無理をさせているのでプラグの寿命を短くするだけかも。
インジェクション車でノロジー化により効果があるように感じるのは
単にプラグコードが新しくなったからでしょう





ですが、キャブ車は効果があると思われます。
キャブ車において、季節によってセッティングをいちいち
変えている人がそうそういるとも思えないので
というか自分が一年中同じセッティングで乗っているので(ぉ
季節によって燃調が濃かったり薄かったり。
濃い時期に点火が強ければ、完全燃焼するわけでトルクが上がったように感じる。
つまり、セッティングを適切なものとしていればノロジーは必要ないですが
年中同じセッティングの人には効果がある。










んな感じなのでキャブ車の人は自作に挑戦してみてはいかかでしょうw


カスタム&整備へ戻る